農業用車両

ハーベスタ、トラクター、噴霧器ブーム

傾斜 計は、農業機械や車両にさまざまな形で使用されています。以下はその一例です。

噴霧器

自動制御システムで噴霧器のブーム角度とブームの高さを制御できるため、農薬散布時の精度と効果が大幅に向上し、エンドユーザーの時間とコストを節約することができます。

ブームの角度とブームの高さを自動制御することで、ブームを地面と平行にして適正な高さに保つことができ、隣接するノズル間の不要なスプレーの重なりを軽減してスプレーの均一性を向上させます。また、ブームの高さを地面からの最適な高さに保つことでスプレーのドリフトを抑え、均一性を向上させます。

スプレー装置のブームの角度と高さを自動制御することで、ブームが地面に当たるリスクを大幅に減らすことができ、装置を保護することができます。

傾斜センサーと 傾斜計は、ブームの角度と高さを制御するシステムの中核であり、現在の車両の角度を継続的に報告し、車両が丘陵地帯を走行する際にスプレーヤーの角度と高さを調整することを可能にします。

GPSエラー訂正

これは、スプレーヤーを含むすべての農業機械に当てはまります。農業機械にますます多くの自動化が組み込まれるようになり、車両は与えられたタスクを完了するために正確なGPS情報に依存しています。問題は、GPSトランシーバーが通常、地面からかなり高い位置にある機器の上部に取り付けられていることです。特に平坦でない地形では、タイヤとGPSトランシーバーとの高低差により、大きな測位誤差が生じる可能性があります。これを説明する基本図を以下に示します。

傾斜センサーと 傾斜計のデータをGPSトランシーバーの高さと組み合わせて位置誤差を補正し、農業機械の効率と精度を向上させることができます。

チルトセンサーの詳細はこちら

製品情報

プログラム可能なチルトスイッチ

±45°の動作範囲、±0.1°の精度

デュアル(2軸)リレーチルトスイッチ

電解チルトスイッチ

±35°動作範囲、±0.1°精度

デュアル(2軸)リレーチルトスイッチ

アナログ傾斜計

±60°の動作範囲、±0.1°の精度

デュアル(2軸)アナログ傾斜計