テレバックAN 3025:ホットイオン真空計ディーガMM200の取扱説明書

目的

このアプリケーションノートでは、Televac® および ETI ホットイオン真空計(ホットイオン化真空計またはホットフィラメント真空計とも呼ばれます)を Televac® MM200 真空コントローラーと併用する場合のデガス方法について説明します。

関連するTelevac®製品

このアプリケーションノートは、記載されているTelevac®製品に適用されます。

説明 部品番号
MM200バキュームコントローラ 2-7900-20
3F ミニベヤールアルパートホットイオン化ゲージ 345X-830X-XX

背景

ホットイオン真空計は、高電圧モード(「デガス」モードと呼ばれる)にすることができ、フィラメントに高電圧を印加し、グリッドに電子を衝突させ、脱ガスと汚染物質の除去を引き起こします。これにより、真空計の性能が動作範囲にわたって向上します。

真空計の脱ガスはどのくらいの頻度で行えばよいのでしょうか?

簡単な答えです。Televac®は、ホットイオンゲージの脱気を推奨しています。

長い答えです。真空測定に関連するほとんどすべてのことがそうであるように、答えは「次第」です。コンタミが多い環境や、超高真空測定(10-10、10-11Torrの範囲)が必要なアプリケーションでは、脱気の頻度はプロセスに大きく依存します。それ以外の環境やアプリケーションでは、脱気の頻度は低くても構いません。

しかし、「頻繁に」「頻繁に」とは何でしょうか?この質問に答えるためには、脱気を頻繁に行うとフィラメントやグリッドが劣化してしまいますが、脱気を行わないと真空計の性能や真空測定の精度に影響を与えてしまいます。ここで、Televac® の推奨事項に戻りますが、真空計の脱気は月に1回、最低でも3ヶ月に1回は行うことをお勧めしています。

脱気は一定の間隔(月に1回など)で行うこともできますが、他の方法を使ってゲージの脱気が必要な時期を判断することもできます。

ホット イオン ゲージの脱気が必要かどうかを判断する方法の 1 つに、基準真空ゲージと比較する方法があります。基準真空計とホット イオン ゲージを同じ真空システムに接続して (物理的に可能な限り近づけて)、両者の測定値を比較してホット イオン ゲージの測定値がずれていないかどうかを確認することができます。ホット イオン ゲージの一般的な精度は±10%なので、その点を考慮に入れる必要があります(これについては以下で詳しく説明します)。

他のホットイオンゲージ、コールドカソードゲージ、スピニングローターゲージ(SRG)など、多くのものを基準真空ゲージとして使用することができます。これらの異なるタイプのリファレンスゲージはすべて、異なる精度仕様を持っています。例として、基準真空ゲージがホットイオンゲージでもあるとすると、これをホットイオンゲージ 1 と呼び、システムで使用していたゲージをホットイオンゲージ 2 と呼びます。

ホットイオンゲージ1とホットイオンゲージ2の両方が真空システムにインストールされており、ポンプダウンして、次の測定値を取ります。

例1

  1. ホットイオンゲージ1読み=1.0E-6 Torr
    1. 10%の精度仕様を考慮すると、読み取り値は9.0E-7~1.1E-6 Torrの公差があります。
  2. ホットイオンゲージ2読み=9.0E-7
    1. 10%の精度仕様を考慮すると、読み取り値は8.1E-7~9.9E-7 Torrの公差があります。
  3. 調子は良さそうですね、脱ガスは必要ありません。

例2

  1. ホットイオンゲージ1読み=1.0E-6 Torr
    1. 10%の精度仕様を考慮すると、読み取り値は9.0E-7~1.1E-6 Torrの公差があります。
  2. ホットイオンゲージ2読み=1.0E-7 Torr
    1. 10%の精度仕様を考慮すると、読み取り値は9.0E-8~1.1E-7 Torrの公差があります。
  3. 測定値が許容範囲外になっています。

ドガプロシージャ

これらは、Televac®および ETI ホットイオンゲージ付きの Televac®MM200 真空コントローラーにのみ適用されます。

  1. 関連する全てのバキュームゲージをバキュームシステムに接続し、ゲージケーブルを MM200 コントローラに接続します。
  2. MM200の電源を入れます。
  3. ホットイオンゲージが 1.0*10 を読み取るまで、システムをポンプダウンさせます。-5 または以下のようになります。
    1. ゲージが「オート」モードになっている場合は、粗真空計が1*10-2Torr(10ミクロン)に達すると自動的にオンになります。
    2. ゲージが「自己」モードになっている場合は、標準的な電源投入手順に従って手動で電源を入れる必要があります。
  4. 左の画面に「0」と表示され、右の画面に「dGAS」と表示されるまでSETUPを押します。
    1. 左の画面は、ゲージがデガスモードのままになる時間(分)を表示しています。
  5. 左の上下矢印を使って時間を増減させます。
    1. Televac® は、5分間のガス抜きを推奨しています。
  6. 測定画面に戻るまで、SETUP または TEST/OP を押します。
  7. ゲージが脱気中で、残り時間(分単位)が右の画面で点滅します。

ホットイオンゲージには2つのフィラメントがあり、上記の手順ではどちらのフィラメントを選択しても脱気されます。フィラメントを交換するには、以下の手順に従ってください。

  1. 左の画面に「FIL」と表示され、右の画面に「nbr1」または「nbr2」と表示されるまで SETUP を押します。
  2. 左の上下矢印で「nbr1」と「nbr2」(フィラメント番号1とフィラメント番号2)を切り替えます。
  3. 測定画面に戻るまで、SETUP または TEST/OP を押します。

関連製品

MM200バキュームコントローラ

- カスタマーコンフィギュラブルデザイン
- RS-232/RS-485デジタル通信
- 最大8つのリレーセットポイントをサポート
- 測定単位を選択可能

3F ホットイオンバキュームゲージ

3F ミニBAホットイオンUHV真空計

- 10-10~10-2Torrの測定範囲
- 2本のフィラメントによる長寿命化e
- 高精度測定ソリューション