地盤モニタリングと構造物モニタリング

アメリカには多くのインフラがありますが、その多くは老朽化しています。これには、橋、トンネル、鉄道、ビル、その他多くの構造物が含まれます。構造物が老朽化すると、それらを構築するために使用される材料も老朽化します。これらの構造物は、異常気象(強風、雨、雪など)や気温(暑さと寒さの両方)などの要素に毎日さらされており、毎日、毎日、毎年、毎年、10年ごとにさらされています。素材が古くなると、ひずみやひび割れが生じ、構造的な完全性を失い、構造体が崩壊する原因となります。このため、構造の健全性を監視することは非常に重要です。

Tilt sensors for structural monitoring

例えば、多くの橋には支承が入っていますが、この支承によって、コンクリート構造物にひびが入ることなく橋が動くようになっています。軸受が固着すると、コンクリートに亀裂が入り、橋が崩壊する可能性があります。ベアリングの固着は、当社のセンサー、特に±3°の測定範囲と±0.001°の再現性を持つ0703-0711-99センサーが、Resensysと呼ばれる構造健全性モニタリング会社によって検出に使用されたものです。詳細については、ここをクリックしてこのケーススタディをご覧ください。

当社の電解傾斜センサは、MEMSベースのセンサや他の傾斜センサおよび傾斜計ソリューションとは異なり、経時的に非常に再現性が高く、温度にも強いため、地盤工学モニタリングや構造物の健全性モニタリングアプリケーションに最適です。これにより、過酷な屋外環境や年間を通しての継続的な使用に最適な製品となっています。さらに、当社の電解式傾斜センサは非常に低消費電力であるため、バッテリー駆動のアプリケーションに非常に適しています。上記のケーススタディに記載されている Resensys デバイスは、電池駆動で、最大 10 年間連続して動作します。

繰り返しになりますが、±3°の測定範囲と±0.001°の繰り返し精度を持つ0703-0711-99チルトセンサを見ると、このチルトセンサは典型的なインピーダンスが 50kΩなので、オームの法則(V = IR、または電圧 = 電流倍抵抗)と電力(P = VI、または電力 = 電圧倍電流)の方程式を使って簡単な計算をして消費電力を決定することができます。この例では、電源電圧が3.3 VのDCマイクロコントローラからのものだと仮定します。

古いインフラに加えて、新しいインフラにはセンサーが含まれており、新しいインフラを建設する際には、周囲の構造物が影響を受けないように、建設中ずっと監視する必要があります。例えば、新しい建物の下に鉄道のトンネルがあったとします。センサーは、トンネルの壁だけでなく、レール自体にも設置されるでしょう。このようなセンサは、しばしば水平型のインプレース傾斜計やビームセンサ/傾斜計と呼ばれ、構造物の全長に沿った測定を提供するためにリンクされています。

当社のセンサは、地震モニタリングや地すべりモニタリングなど、地盤工学的モニタリングや構造物の健全性モニタリングなど、さまざまな用途に使用することができます。地震モニタリングでは、当社のガラス電解式傾斜センサは、0737-1203-99傾斜センサの場合、±0.0003°または±1秒(変換を理解するために以下を参照)までの繰り返し精度で、比類のない精度を提供します。

地盤モニタリングや構造物の健全性モニタリングの領域では、測定値はしばしば秒単位で表示されます。度からアーク秒への変換は簡単で、1° = 3600アーク秒となります。したがって、繰り返し精度±0.0003°の0737-1203-99センサーでは、次のように変換できます。

Learn More About Our Tilt Sensors

製品情報

電解チルトセンサ回路 電子チルトセンサ, 0703-0711-99, The Fredericks Company, +1 215 947 2500

±3°動作範囲、±0.001°精度

TrueTILT™ 単軸狭域電解傾斜センサ

電解式傾斜センサー

±0.5°動作範囲、±0.0001°精度

ガラス単軸狭域電解傾斜センサ