2018年6月19日投稿者 フレデリックス社

Televacは新しいMX7Bペニング冷陰極ゲージでアクティブ真空計シリーズに加わりました。

TelevacMX7Bの発売を発表することに興奮しています。Televac7B ペニング冷陰極ゲージを利用した新しいアクティブ真空計で、コンタミネーションに強く、再現性があり、正確な高真空測定を実現します。プレスリリースはこちらをご覧ください。

特徴

MX7B冷陰極ゲージは、クリーニングとゲージ交換のために簡単に分解できるので、ユーザーの時間とコストを節約できます。このデジタル真空計は、マルチカラーOLEDディスプレイ、真空測定用の設定可能な0~10Vアナログ出力、デジタルRS-485とUSB通信、プロセス制御用のセットポイントリレーとオープンコレクタを搭載しています。MX7Bは、新しいTelevacMXアクティブゲージEthernetIPゲートウェイを介してEthernetIPネットワークに接続することもできます。これは、Televacアクティブ真空計とRockwell Automation® Allen-Bradley® PLC間でEthernetIP通信を提供するために設計された最初で唯一のソリューションです。詳細については、MX7B データシートをダウンロードしてください。

柔軟性のあるフルレンジ真空測定

MX2A (熱電対ゲージ)またはMX4A (対流ゲージ)と組み合わせることで、MX7Bは1E-8から1E3 Torrまでのフルレンジの真空測定を提供し、AMS2769規格で概説されている粗真空計と高真空計の間で必要とされる校正周波数が異なる熱処理および真空炉アプリケーションに最適なソリューションを提供します。アクティブ真空計は、校正に関してコントローラに不足しがちな柔軟性を提供します。

  • 粗真空と高真空のゲージを分離し、異なる校正間隔でゲージを戻します。
  • ケーブルを返却せずにNISTのトレーサブルな校正が可能(ケーブルを炉から取り外す必要がないことを意味します
  • 較正のために戻るバキュームコントローラボックスがない
  • ダウンタイムとメンテナンスが少ない=$の節約

高真空のための高性能

過酷な環境用に設計されたMX7Bのペニング冷陰極ゲージは、倒立マグネトロンゲージよりも耐汚染性に優れているため、メンテナンスが少なくて済み、エンドユーザーのダウンタイムとメンテナンスコストを最小限に抑えることができます。他のMXシリーズのアクティブ真空計と同様に、MX7Bのすべての機能はフロントパネルのディスプレイやデジタル通信からアクセスでき、PC、PLC、またはHMIを介してリモートで行うことができる校正などの作業を簡素化します。

アプリケーション

アクティブ真空計MX7Bは真空炉、熱処理薄膜コーティング電子ビーム溶接機などの市場向けに設計されており、既存のMP7ER冷陰極計ユーザーやその他のアクティブ真空計ユーザー向けに設計されています。下図は、真空炉システムのフルレンジ真空測定の典型的な構成を示しています。

アクティブ真空計とは?

真空業界では、「真空ゲージ」と「真空センサー」は同義語であり、真空に接続された受動的な感知コンポーネントを表すために互換的に使用されています。パッシブ真空ゲージは、ゲージからの電気信号を圧力値に変換するために、電子機器を制御する必要があります。この変換はMX200のような真空コントローラー(一度に10個までのセンサーを制御する)によって行われますが、制御電子機器はセンサーに直接接続されたアセンブリに統合されており、テレバックではアクティブ真空ゲージと呼んでいます。

質問は?

どのオプションがお客様のアプリケーションに適しているかわからない場合はお客様に最適な真空測定ソリューションを見つけるお手伝いをいたします。ウェブサイトのライブチャットを使用するか、+1 215-947-2500に電話するか、ここにお問い合わせください。

ブログに戻る